福島県のドローンに関する動向

<規制>
県庁や県立図書館、美術館など県有施設の敷地内で小型無人飛行機(ドローン)の飛行を禁じる方針を決定。ビッグパレットふくしま(郡山市)など禁止行為が定められていない施設については、施設管理者の権限により自粛を求める。(朝日新聞DIGITALより)
南相馬市:相馬野馬追(そうまのまおい)で自撮り棒並びにドローンでの撮影禁止(相馬野馬追失効委員会より)

<活用>
南相馬市:政府と福島県が設けた「福島浜通りロボット実証区域」で小型無人機ドローンの飛行試験を実施。同区域は、政府のロボット新戦略に基づいたもの。ロボット関連会社を集積し、震災からの復興につなげるのが狙い。(東京新聞より)
福島市:同市は小型無人機(ドローン)の運用技術を持つ市内のMTS&プランニングと災害時協定を結んだ(福島民報より

<メーカー>
県内には日本初の国産ドローン量産を請け負う菊池製作所の工場が複数所在している。

link:都道府県別のドローンに関する動向まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です