ドローンは何のためのもの?

課題解決のためのドローン

ドローンは目的がなければ、ただの空飛ぶカメラです。
目的と技術と人を組み合わせることで、ドローンは様々な課題を解決することができます。
日本の働き手の減少という問題は差し迫っていて、ドローンを始めとするロボットとの共生が解決へのカギだと考えます。
私は1人のドローンパイロットですが、様々な専門職の方々と協業することで、課題に立ち向かっていきます。

事業内容

撮影・映像制作

ドローンとカメラセンサーは急速に小型化・高性能化しました。その取り回しの良さを活かして、狭小地・山上・工場内などかつては撮影が難しかった場所での撮影を得意とします。編集・BGM制作まで一貫して行い、ご希望の形式で納品します。

計測

住宅や文化財をドローンで連続写真を撮ってスキャンします。データをsfmソフトで処理することで立体データ化し、各種寸法の計測を可能にします。これを用いて設計図面と実寸との誤差を算出し、これまで現場でカットしていたサイディング(外壁材)を工場でプレカットするシステムの構築中です。

点検

定期的な建造物の点検と、風力発電のようなインフラの点検の2つのサービスを提供します。前者では一級建築士と共にドローンやサーモグラフィーカメラを使い壁面や屋根の点検を実施します。後者では高所ロープ作業者と共にブレード点検からレポート作成・補修作業までのサービスを提供します。

 

ドローン教育

 

ドローンを飛ばすには操縦の仕方だけでなく、飛行の原理・航空法など各種の知識の習得が必要となります。自主開催に加え、企業や行政の依頼を受けて講習を開催しています。子どもたちから大人の方まで、ホビーから業務導入まで、幅広い人と目的を対象に教育の場を提供します。



NEWS