Pix4D fundamentals の認定試験に合格


ドローンマッピングソフトの認定試験を受けて合格しました。このところ文化財やゴルフ場のマッピングの案件がでてきて、本格的に取り組む必要があると感じたので知識と技術を確かなものにすべく、Pix4Dのオンライン講座を受講した上で試験を受けた。座標系についてはまだ勉強しなければならないと感じたが、ソフトのワークフローについては概ねの理解と実践はできた。内容はすべて英語なので英語の勉強にもなった。Pix4Dの理解を深めたい人は力試しに挑戦してみてはいかがだろう。

Mavic&Spark体験会を開催します

六甲山上の絶景のコテージで、ドローンを扱う基本の学習から実機を使ったフライト体験までできるミニセミナーを10月15日(日)に開催します。当日SPARK購入者にはバッテリー1本プレゼント!DJI Mavic, Sparkをご自身の目で見て飛ばして、ドローンの可能性を感じてください。

詳細はコチラから。

【本】トコトンやさしいドローンの本/鈴木真二

トコトンやさしいドローンの本 (今日からモノ知りシリーズ) トコトンやさしいドローンの本 (今日からモノ知りシリーズ)
鈴木 真二,(一社)日本UAS産業振興協議会

日刊工業新聞社
売り上げランキング : 30121

Amazonで詳しく見る by AZlink

日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事と同協会編によるドローン入門の本。イラストが豊富でわかりやすく、また各分野をまんべんなく抑えているので、これからドローンを始めようという人は一読するとよいだろう。初期のトレーニングの方法も掲載されていて、座学と実技の両方に役立つ一冊。

Pix4D User Workshop

先日東京の国際航業様にて開催されたPix4D User Workshopに参加してきました。
2D画像から高精度なジオリファレンス地図、モザイク、3Dモデルなどを作成するソフトです。
内容は概要説明、処理の基本条件、ライブデモ、将来展望といったところです。
Adobeのソフトと同様に、高機能で細かな設定ができ、多様なデータを書き出せるというのがわかりました。

先日のド研in淡路島のテーマ「リモートセンシング」に関して言うと
[農業]
NDVIだけでなく、自分で関数を設定してインデックスの計算ができる(ビューワーとしてはこれから)
[サーモグラフィー]
熱画像を合成して赤外線標定図が作れる(どんな利用法がある?)
といったところです。

今後は高度な設定は不要という方のためのクラウドプロセッシングサービスと、
書き出したデータを閲覧•シェアするためのビューワーがこれから短い期間で準備されていくそうです。
国際航業様はKKC-3DというクラウドサービスでPix4Dと協業していく模様。

参加者はやはり測量関係の方が多そうでした(私のお隣の方も)。質疑応答はかなりアツイものがありました。
Pix4Dを使いこなして、こうしたワークショップをやってみたいものです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-10-07-30

白本 参/高城剛

白本 参 白本 参
高城剛

売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る by AZlink

高城剛氏のメールマガジン『高城未来研究所 Future Report』の中のひとつ、読者とのQAコーナーを再編集した、『白本』シリーズの第三弾。

高城さんは『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?ドローンを制するものは世界を制す』を著したように、ドローンの分野にも造詣が深い。そんな高城さんに私がドローンビジネスを立ち上げる際に質問したことがQAとして掲載されているので、ご興味あるかたはご覧ください。