茨城県のドローンに関する動向

<規制>
海水浴場のドローン禁止。罰則規定はないが、海水浴場で無断でドローンを飛ばした場合は、監視員などが操縦者に飛行の中止や退去を求めるとしている。一方、観光PRなどのためにドローンを飛ばして映像を撮影する場合は、海水浴場の開設者にあらかじめ申請して許可を得ることとしている。

<活用>
不法投棄の監視指導でドローンを利用(茨木新聞より)

link:都道府県別のドローンに関する動向まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です