ドローン規制法案が衆議院内閣委員会で可決

法案の内容:小型の無人機「ドローン」を、皇居や国会議事堂、総理大臣官邸といった国の重要施設の上空などで無断で飛行させることを禁止する。施設の境界線から外側300mの「周辺地域」でも同様の扱い。違反した場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。規制の対象を「ドローン」だけでなく、人が乗るパラグライダーやハンググライダーなどにも広げ、飛行を禁止する施設に原子力発電所を加える、と修正された。9日の本会議で可決、通貨の見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です