Maker Faire Tokyoで見かけたドローン1 可変ローター軸ドローン by 徳島大学工学部機械工学科制御工学研究室

IMG_7175
これはプロペラのついたローターの角度を操作できるというもの。メリットとしては機体を傾けた姿勢で静止できる。プロペラを上につけたものと、下につけたものと2種類あった。上につけたものは、既存のクアッドコプターと飛行特性は大きく変わらないが、下につけたものは、プロペラがプロペラを支えるアームよりも下にあるために推力が無駄にならないというメリットがある。しかし、プロペラが地面に近くなることで地面効果(自身が吹き付ける風による影響)によって離発着がやや不安定になるのだそうだ。将来的には固定翼をつけて、上空でコプターから固定翼機に遷移することを目指しているそうだ。それも面白いが、傾いた姿勢を保持できるのは、何かの斜面に着陸して仕事をするといったような場面で利用できるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です