ドローン用フライトコントローラ「Dronecode」の概要( #KOF2015 )

川崎のABC2015に続いて、大阪はATCでのKOF2015にて今村博宣さんのセミナーを聴講してきた。内容は文末のスライドを参照していただくとして、重要な点は垂直統合型のDJIに対して、オープンソースの流れは着実に進行していて、ドローンによる運搬にせよ農薬散布にせよ細かい制御をするには、システムを制御するエンジニアがこれから必要になってくるということ。セミナー後に同氏とお話させて頂いたところ、ミニサーベイヤーコンソーシアムNEXTは自律研がバックだし、JUIDAはブルーイノベーションがバックだし、いずれも特定の企業よりの団体なので、いずれの企業にも依らないオープンソースによるオープンコミュニティを作りたいとの思いを聞かせて頂いた。ハードウエアとしてはDJIに圧倒的に先を行かれてしまったが、ソフトの面でオープンソースがどこまで発展するかというのが今後の注目だろう。私も早急に環境を整えて参戦する予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です